ヘッダー

ニキビ予防には睡眠が欠かせない理由

    

ニキビ予防には、睡眠がとても大切です。

特に大人ニキビの原因には、この睡眠不足がなっている事があります。

意外と蔑ろにされる「睡眠」ですが、実はニキビの予防やニキビ痕とも深い関係にあります。

睡眠

 

なぜ、ニキビやニキビ痕と睡眠が関係しているのか

 

まず、ニキビと睡眠不足の関係について解説していきます。

睡眠不足は、ホルモンバランスを乱します。

ホルモンバランスが乱れると肌の状態が悪化したり、免疫が低下するので

ニキビができやくすなります。

 

また、睡眠は肌の再生を担っています。

できたニキビも睡眠不足では悪化しますし、ニキビ痕なども

治りにくくなります。

 

もちろん、ニキビだけはなく睡眠が美肌全体に

関係しているので大切にする必要があります。

ニキビケアの為の正しい睡眠のとり方

 

ニキビケアの為には、やはり睡眠の「量」と「質」が必要になってきます。

量は時間です。

目安としては、最低「六時間の睡眠」が必要といわれています。

それから、質です。

 

いくら十分な時間の睡眠があっても質が伴わないと

意味がありません。

 

次にニキビやニキビ痕ケアの為に最良の睡眠をとる

為に気をつける事をまとめました。

 

■ 十分な睡眠時間をとる。(最低六時間)

 

お肌の再生する作業時間が必要になります。

これは、最低六時間といわれています。

 

十分に寝る様にしましょう。

 

■ 寝る時間に気をつける。

 

通常の生活をしている人にとってホルモンが分泌されるのは

夜の十時から深夜二時といわれています。

 

なるべく早く寝る程、ホルモン分泌の恩恵に授かれます。

 

■ 深い眠りを得る。

 

深い眠りを得る為には、就寝前に

スマホをいじたっり、妨げる要素を排除する必要があります。

 

寝る時間の一時間から三十分前には部屋を暗くして

リラックスして眠りましょう。